アマゾンで安物の腕時計を買った。
税込みで598円。トップバリュの缶コーラ18本とほぼ等価値。
ZooooMというメーカーの製品だ。
このメーカーの腕時計はどれもこれもカスタマーレビューの平均評価がかなり低い。
だが星一つのレビューを読むとベルトの不良を指摘した物が多い。
最初から手持ちのベルトに交換するつもりならお買い得かもしれないと思って買ってみた。

セロファンの袋に入れられてメール便で届いた。2重包装だった。


商品全景。開けたらベルトの白い塗料が剥がれ落ちてきた。


裏側の全景。


裏蓋には文字が一切ない。おそらく防水機能はついていないのだろう。
昔クレーンゲームの景品腕時計をコレクションしていたがこんな感じの品が多かった。


秒針が進むたびに分針がプルプル震えてなんとも頼りない。
風防がプラではなくガラスなのは良かった。
小さな3つの針は単なる模様で動かない。竜頭の上下にあるボタンも無可動のダミー。
激安腕時計ファンにはお馴染みの仕様だがこの手の製品を知らない人が初めて買ったら戸惑うかもしれない。


この竜頭が酷い。歪んで取り付けられているので回した感触が最悪だ。
時刻合わせのために引っ張り出して回すと針の動きが異常に軽い。
合わせ終えて押し込む時、丁寧にやらないと分針がカクっと動いて時間が狂ってしまうことがある。


ケースはプラにメッキした物でパーティングラインが一部残っている。
見た目は安っぽいが軽くて扱いやすいのは長所だ。


ベルトは塗装も接着も剥がれかけていた。


尾錠はぐらつきが多いが普通に使えそう。


遊革は接着部分が剥がれる寸前。その後やっぱり剥がれた。


縫い糸が抜けており崩壊寸前。


バネ棒のスプリングがゆるゆるで不意にベルトが外れる危険がある。


竜頭を含めた横幅は43mm弱。


ラグ幅20mm。


ケースの厚みは10.5mmくらい。

【まとめ】
まるで工場の床に落ちているゴミを拾って組み立てたような品だ。
竜頭が歪んでいるのは酷い。
ベルトは簡単に交換できるが竜頭は困難だ。
そんな技術はないし、あったとしてもアマゾンで販売している交換用竜頭は300個のまとめ売りで4950円もする。
そんなもん買ったら修理屋でも開業しないと元が取れない。

意外と精度は良かった。
月差20秒くらい。