東芝レグザ26RE1という液晶テレビを使っている。
外付けHDD録画に対応している製品だ。
購入してから今までバッファローの外付けHDDを使ってきた。

天板に乗っているのがレグザ。


中段のアンプの隣にある黒い箱がHDD。

このHDDの動作音がうるさい。
電源が入った直後に「キュイーン」という音が鳴ってその後はずっと「しゅるるるる~」という音が鳴り続ける。
そろそろこのHDDも老朽化してきたのでSSDに買い換えた。

HDDに比べるとSSDは長所が多い。
場所を取らずコンパクト。消費電力が少なく電気代がお得。
そしてHDDと違ってモーターを使わないので動作音が無い。

短所もある。
まず同一容量で比較するとHDDよりも価格が高い。
外付けタイプのSSDはものすごく高価な上に、製品数が少なく選択の幅が狭くなる。
内蔵タイプのSSDはそのままではテレビ録画に使えず、外装ケースも購入しなければならない。
そしてテレビ録画対応を謳ったSSDがあまりないので自分のテレビに使えるかどうか不安。

いろいろ考えたがとにかく動作音が静かになるのは魅力なので少々高いが購入を決意した。
Samsung SSD 500GB 860EVOという製品を買ってみた。
最初はトランセンドにしようと思ったがすごく高温になるというレビューが複数あったのでこっちにした。
レグザのテレビ録画に使えるとはどこにも書いてなかったが、使えない場合はパソコンに使う。


綺麗な箱に入っている。


中身。

もちろんこれだけではテレビ録画には使えない。
USB接続対応の2.5inch用HDD & SDDケースという物が必要なので同時購入した。

ARIOUEというメーカーの製品だ。


中身。USBコード、固定ネジとネジ回し、ガタツキを抑えるスポンジシール、簡単な注意書きなどが付属。


上部を引っ張ればスッポ抜ける。


こんな感じで装着。
小さなネジ2本で固定できるがネジ穴の位置が微妙にズレていて無理やり締め付けるような感じになってしまった。


テレビとの接続完了後、電源を投入すると無事に外付け録画機として認識した。
容量500GBで録画可能時間は44時間45分。

その後、いくつか録画、再生、早送りなどを繰り返したが今のところ問題はない。ホッと一安心。
今まで使っていたHDDと違って完全な無音となった。立ち上がりも早い。
すごく快適だ。
【追記】
ARIOUEのHDD/SSDケースは現在新型にモデルチェンジして販売継続中。