ファンタは昭和・平成・令和と3つの時代を生き抜いてきたロングセラー商品だ。
過去にいろんな味のバリエーションが発売されたがほとんどは短期間で消えている。
結局いつの時代も人々がファンタに求めているのはオレンジとグレープだけなのだろう。

ファンタ・オレンジを買って飲んだ。
500mlのペットボトル入り。


王道オレンジフレーバーと書いてある。
現在ファンタは5種類の味が発売されているがこのオレンジとグレープ味だけラベルに王道の表示がある。


原料の品質に凝っている。


原材料名。オレンジ果汁もちゃんと入っているのだ。

味は昭和時代から変わっていないような気がする。
王道の商品は変わってはいけないのだ。