東芝のC-500というカートリッジを所有しているがなぜか急に歪みが酷くなった。
ゴミが絡んでいるのかと思って針先を確認したが綺麗だ。
針の寿命かもしれない。
前回このカートリッジの針を交換したのは19年も前。
カートリッジは他にも持っているのでこれだけを19年使い続けたわけではないがそろそろ替え時だろう。

東芝はもうレコード針を売っていないがJICOという会社が代替品を発売している。


アマゾンでJICO製の交換針が見つかったので購入した。
東芝純正品はN-500Eという製品名でそれの代替品だ。
このカートリッジは楕円針と丸針の2種類の交換針が発売されていたのだがJICOでも両方発売している。
楕円の方が定価が高いのだが、安い丸針の方が針先の寿命は長い。


今回購入したのは楕円針。定価4500円(税別)


プラケースの中にさらに軟質プラのケースで梱包されていた。


差し込みの金色棒の所にJICOという表示があった。


付け替えて聴いてみた。
今まで装着していたのが丸針だったのだがそれに比べると違いは一聴でわかった。
ボーカルのサ行の歪みが全く発生しなくなったのだ。
楕円針は丸針に比べて高域が綺麗に伸びるというがそれが違いとなって現れたようだ。
安さに釣られて丸針を選ばなくて良かった。
そういえばシュアのM44Gというカートリッジでボーカルのサ行が歪む。
あれも丸針だ。