1970年代に一世を風靡した沖縄出身のアイドルグループフィンガー5
彼らのCDはいろいろ出ている。
今回紹介するのは2005年発売のベストアルバムフィンガー5 ベスト10である。

全10曲。税込み定価1000円だったがそれは消費税5%の頃の話。
もしも今定価で買ったら1000円よりちょっと高くなってしまう。

収録曲は以下の通り。

1. 学園天国
2. 恋のダイヤル6700
3. 個人授業
4. 恋のアメリカン・フットボール
5. 上級生
6. 恋の大予言
7. 華麗なうわさ
8. バンプ天国
9. ぼくらのパパは空手の先生
10. 101人ガールフレンド

知っていたのは4曲目までだ。5曲目以降は全く知らなかった。
フィンガー5の楽曲で現在ハイレゾ配信されているはこの4曲のみ。
やはりこの4曲が飛び抜けて有名なのだろう。

実際に聞いてみるとその理由がなんとなくわかる。
5曲目以降はフィンガー5最大の魅力であるはずのアキラ君のハイトーンボイスがほとんど聞けないのだ。
曲そのものもなんか地味でつまらないが「恋の大予言」はなかなか好きだ。
メンバー全員普通に上手いがやはりアキラ君の声の魅力が飛び抜けている。
個性的なサングラス姿も人気だった。しかし「アキラ君と同じサングラスが欲しい!」と懇願し父親に張り倒される小学生が全国で続出するという悲劇も生まれたのだった。

このベストアルバムのレーベル面は曲目表示なしの手抜きタイプ。

あまり所有する喜びを感じないCDだ。
まあ安いから仕方ない。