炭酸飲料の中でラムネとともに我が国で古くから親しまれているのがサイダーだ。
どちらも明治時代からある。「コーラなんて知らん」という爺さんもラムネやサイダーは知っている。たぶん。
現在販売されているサイダーの中で一番歴史と伝統があるのが三ツ矢サイダーだ。

なんと133年前から販売されている。
おそらく現在生きている人類でこの製品の誕生に立ち会った人間は一人もいない。
そしてこの製品の味こそサイダーそのもの。
これが口に合わない人はサイダーに向いてない。
まあ人それぞれ好みがあるから仕方ない。

現在販売されているものは容器の素材やサイズもさまざま。
画像の物は250mlの細身のアルミ缶に入っている「飲みきりサイズ」。
昭和50年代くらいまでの缶ジュースはこのサイズが多かった。
缶ジュースは350mlが主流だが炭酸飲料でそのサイズは多すぎる。
250mlがちょうどいい。ただしちょっと割高だ。