Bluetooth(ブルートゥース)による無線接続可能なAV機器が増えてきた。
BT接続が標準となれば従来のRCAケーブルは絶滅・・・はしないと思うが確実に品数は減っていくだろう。
買えるうちに確保しておいた方がいいかもしれない。

これはオーディオテクニカのRCAケーブルで型番はAT7A64だ。
型番の末尾にスラッシュとケーブルの長さに応じた数字がついて製品名となる。
たとえば長さ2.0mならAT7A64/2.0が製品名だ。
すでに製造中止となっているがたまにアマゾンのマケプレに新品未開封の品が出品されている。
AT7A64/2.0は希望小売価格2700円(税別)となっている。
プラグ部分はメタリックブルー色の金属製。とても美しい。

このプラグは直径11.8mmと小さいので左右の接続端子が接近した機器でも使いやすい。

ただしNeoteck(中国メーカー)のケーブルと比べると前後長は長い。

ケーブル部分の直径は5.2mm。けっこう太い。

ケーブル左右の分岐点には樹脂製のストッパーがついている。
このストッパーはスライドさせられる。

AT7A64のケーブルは太いがしなやかで変な癖もつかないので使いやすかった。
プラグが細身なのもよい。
品質の割に安くて良い製品だった。