オーディオテクニカのRCAケーブルAT564Aを紹介しよう。
日本の大手メーカー製のRCAケーブルは品数がどんどん減っている。
貴重な生き残りだ。

プラグ部分は金属製で高級感あり。

ケーブルはたいして太くないのにプラグ部分だけボコっと太くなっている。

プラグの最大部分の直径は12.8mm。


中国製小型アンプなどパネル面積が小さく左右の端子が接近している機器ではこんな感じになってしまう。


ケーブルは固くて妙なクセがつきやすい。


ケーブルの分岐点にストッパーはない。

はっきり言って使いにくい製品だ。
この製品は豊富なサイズバリエーションが多いのが魅力だった。
しかし現在は1.0m、1.5m、2.0mの3種類しか販売されていない。
低価格も魅力だったが最近は中国製激安ケーブルが続々と登場しているのであまり安いと感じなくなった。