昔は腕時計の電池交換はお店に頼んでやってもらっていた。
この料金が結構高い。安い店でも1500円くらいかかった。
今はネットで検索すれば電池を売っている店はすぐ見つかるし交換方法を解説したサイトもある。
自分で交換した方が安上がりでいい。

腕時計の裏蓋にはいろんなタイプがある。
一番交換に苦労するのがこのタイプではないだろうか。

丸い裏蓋の外周部に6つの四角い切り欠きがある裏蓋だ。
10気圧防水など防水性能の優れた腕時計に多いタイプだ。
この手の裏蓋はネジ込み式になっており開けるためにはこのような特殊なオープナーが必要だ。

で、このオープナーだけ買ったら簡単に裏蓋が開けられると思ったら大間違い。
必ず固定台とセットで使わないと上手くいかない。
こんなの。

TL-4020という製品だ。

固定台を使わず、左手で腕時計を持って右手でオープナーを使って裏蓋を回そうとしても絶対上手くいかない。
腕時計が小さすぎるしツルツル滑るから上手くいかないのだ。
固定台に固定すれば左手でしっかり持てるようになる。

オープナーと固定台は必ずセットで揃えないと無意味なのでこれから買う人にはセット販売されている物をお勧めする。
またオープナーは2点式より3点式の方が使いやすいと言われている。
ただし2点式の方が調整範囲が広いので一長一短だ。